top of page

中核地域生活支援センターとは

 千葉県では、対象者横断的な施策展開を図る健康福祉千葉方式を推進しています。その一環として、福祉サービスのコーディネート、福祉の総合相談、権利擁護等の機能を併せもち、24時間365日体制で行う「中核地域生活支援センター」を、健康福祉センターの所管区域ごとに設置しています。

目的

子ども、障害者、高齢者等誰もが、ありのままにその人らしく、地域で暮らすことができる地域社会を実現するために、民間サイドの福祉サービスの拠点となる「中核地域生活支援センター」を設置し、一人ひとりの状況に合わせて、福祉サービスのコーディネート、福祉の総合相談、権利擁護を24時間365日体制で行います。

​事業の内容

(1)地域総合コーディネート事業

管轄地域の実情の把握に努め、行政をはじめとする公的機関、福祉サービス提供事業者、当事者グループなどをコーディネートし、利用者に必要な福祉サービスを提供できるよう様々な活動を行います。また、新たな福祉サービスや福祉資源の開発を通して、埋もれている「地域の福祉力(ちから)」「人の福祉力(ちから)」の掘り起こしに努めます。

(3)権利擁護事業

相談者等の権利を侵害されたている状況を積極的に把握するように努め、必要に応じて 弁護士、医師、社会福祉士等、専門的な資格を有する方の協力や各種関係機関との円滑な連携のもとに、権利侵害の解消、本人や家族のケアと尊厳の回復、再発防止策を講じます。

(2)相談事業

お年寄り、障害を持った方、子供など すべての対象者を横断的に捉え、複合的な相談事業を行います。
相談等に当たっては、365日、24時間 いつでも緊急対応。(夜間は担当コーディネーターに転送)
お電話だけでなく事務所、ご家庭等を訪問するなど さまざまな方法で対応し、各種福祉サービスの提供にかかわる援助、調整等を行います。

お問合せ先

千葉県 健康福祉部 健康福祉指導課 地域福祉推進班  電話:043-223-2615

中活地域生活支援センター一覧

bottom of page